株式会社マイコンサルティング
よくあるご質問FAQ

職場のメンタルヘルスに関するコンサルティング

「アブセンティーズム」と「プレゼンティーズム」とは、何ですか?

「アブセンティーズム(absenteeism)」とは、病欠、病気休業している状態のことです。

また、「プレゼンティーズム(presenteeism)」とは、何らかの疾患や症状を抱えながら出勤し、業務遂行能力や労働生産性が低下している状態のことをいいます。

†‡

精神疾患の社会的コストの推計によれば、アブセンティーズムといわれる疾病休業による労働力の損失が464億9700万円、 自殺による労働力の損失が7029億8800万円に対して、プレゼンティーズムによる生産性の低下は、4兆3364億2000万円という試算が出ています。

つまり、産業に与える影響は、アブセンティーズムよりもプレゼンティーズムの方が大きいことが明らかになりました。

 

「精神疾患の社会的コストの推計」はこちらをご参照ください。